<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パクシンヘ メッセージ | main | "ノンネバン"パクシンヘ、休憩後、海外での活動本格突入 >>

パクシンヘ"ノンネバン"不振の中、一人輝いていた

2011.08.19 | 11:12

[マイデイリー=イ・スンロク記者] 俳優パク・シンヘの演技力が引き立って見えた'オレのことスキでしょ'であった。
MBC水木ドラマ'オレのことスキでしょ'がイ・ギュウォン(パク・シンヘ)とイ・シン(チョン・ヨンファ)のキスとともにハッピーエンドで仕上げされた。

'オレのことスキでしょ'という放送前からピョ・ミンスPD(プロデューサー)が陣頭指揮するという事実に期待を集めた。 特にSBSドラマ'イケメンですね'で切ない片思いを描いたチョン・ヨンファとパク・シンヘが再会するという点に視聴者たちの関心も高かった。

しかし、いざ蓋を開けるとすぐに失望の連続だった。 無理なストーリー展開といかにも強情そうな状況設定、そして大学生たちの生活などリアリティー喪失などで視聴者たちの関心は放送序盤すでに消えてしまった。

だが、それなりにパク・シンヘの演技力は'オレのことスキでしょ'の小さい光のようだった。 2003年デビューして'天国の階段','カクテキ','イケメンですね'等の作品で演技力を磨きあげたパク・シンヘは'オレのことスキでしょ'でイシンを愛するギュウォンの姿を忠実に演技した。

ドラマ序盤他の女性を愛するシンに徹底的に無視されながらもずっとシンを追いかけるギュウォンはややもすると愚かな女と見えやすかった。 しかし、これを防ぐことができたのはギュウォンを演じたパク・シンヘだった。
パク・シンヘはひまわり愛に胸が痛いとしながらも自身が愛する男に真心を伝えるのをあきらめない初恋に体験する少女の姿そのままであった。

また、色々誇張されたキャラクターの中でもパク・シンヘは多様な表情の演技を通して惹きつけるセリフや状況を自然に置き換える役割を果たした。 チョン・ヨンファをはじめとして多くの新人俳優たちで構成された'オレのことスキでしょ'でパク・シンヘの存在はドラマ中心を支える柱だった。

[パク・シンヘ. 写真= MBC画面キャプチャー]

(イ・スンロク記者roku@mydaily.co.kr)
source: http://news.nate.com/view/20110819n03111

COMMENT
視聴率は(^_^;)…でも、シンヘちゃんの演技は、本当に表情豊かで、輝いてましたよね♪
これからも、その演技力をどんどん磨いて輝き続けて欲しいです♪ヾ(≧▽≦)/
歌もステキでしたぁ~.+゚(*´艸`*)゚+.♪
  • Nami♪
  • 2011.08.19
  • 17:36
ADD YOUR COMMENT